講師紹介


黒沢 幸子(くろさわ さちこ)

 

所属 

目白大学心理学部心理カウンセリング学科/同大学院心理学研究科臨床心理学専攻
特任教授

 

資格 

臨床心理士 公認心理師 産業カウンセラー

 

専門/得意分野 

臨床心理学、スクールカウンセリング、コミュニティ心理学、ブリーフセラピー

 

主な著書 

『未来・解決志向のブリーフセラピーへの招待』(日本評論社)
『やさしい思春期臨床ー子と親を活かすレッスン』(金剛出版
『指導援助に役立つ スクールカウンセリング・ワークブック』(金子書房)
 その他多数               「書籍紹介」参照

 

所属学会

日本心理臨床学会(理事)、日本ブリーフサイコセラピー学会(理事/前副会長)、

日本コミュニティ心理学会(常任理事)、日本教育心理学会、日本カウンセリング学会、日本学校心理学会、日本ピアサポート学会(理事)、

日本学校メンタルヘルス学会(評議員)

 

略歴

1983年 上智大学大学院文学研究科教育学専攻心理学コース博士前期課程修了(文学修士)

1995年 文部省「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」東京都スクールカウンセラー

1998年 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 客員研究員

2000年 文部省「学習指導要領解説:道徳」作成協力者

2002年 内閣府「青少年相談機関の連携に関する調査」企画分析委員 

   …
  2019年 内閣官房「ギャンブル等依存症対策推進関係者会議」委員
  2021年 台東区いじめ問題対策委員会 委員  等

  

精神神経科病院/クリニック及び小児科のカウンセラー、私立公立学校スクールカウンセラー、産業臨床カウンセラー、上智大学・立教大学大学院等の非常勤講師等を経て、現在に至る。

第45回読売教育賞(教育カウンセリング部門)最優秀論文賞、日本学術振興会「科研費」審査委員表彰(2016年)、 日本ブリーフサイコセラピー学会賞(第13号)を受賞。

 

現在は、KIDSカウンセリング・システム チーフコンサルタント、上智大学、駒澤大学大学院、岐阜大学大学院、静岡大学大学院、非常勤講師を兼任。